Hexoでサイトマップを自動生成 ~ Google Search Consoleへ登録

概要

こんにちは。今回はHexoでサイトマップを自動生成してGoogleに登録するまでの手法を紹介します。
本サイトもHexoを用いて自動生成しています。

想定読者

  • 静的サイトジェネレータhexoでWEBページを作成済み
    • Google検索でヒットしない状態
  • サイトマップ未登録

基礎知識

  • サイトマップとは

    • サイトにどのようなページがあるのか表す為のもの
    • 以下の二種類があります
      • HTMLサイトマップ
      • XMLサイトマップ
        • 検索エンジンが情報収集する対象となるため、SEO対策において重要
    • hexoではプラグインを利用することでサイトマップを自動生成できます
  • Google Search Console

    • Serch Consoleの概要 (公式サイトより引用)
      1
      Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。
    • 生成したサイトマップをこちらに登録することで、Google検索結果に自分のWEBページが出るようになります
      • WEBページを公開したばかりの場合、登録しなければ検索結果に出ないと思われます

手順

    1. Pluginの導入
    1. _config.ymlにPluginの設定を追加
    1. sitemap.xmlの生成
    1. 本番環境へデプロイ
    1. Google Search Consoleへ登録

1. Pluginの導入

  • HEXOでサイトマップを生成できるプライグインは二種類あります

  • インストール

    • HEXOディレクトリ直下で以下を実行
      1
      npm install hexo-generator-seo-friendly-sitemap --save

2. _config.ymlにPluginの設定を追加

  • HEXOの設定ファイルに先ほどのPluginを登録します

    • ファイルはhexoディレクトリ直下にあります
  • _config.ymlに追記する内容

    1
    2
    3
    4
    5
    ## Plugins: https://hexo.io/plugins/
    sitemap:
    path: sitemap.xml
    tag: false
    category: false

3. sitemap.xmlの生成

  • いつも通りにhexoコマンドでジェネレートする際に、sitemapが生成されます

    1
    hexo g
  • sitemap.xmlの生成を確認

    • index.htmlと
      • 通常はpublic配下
  • 開いてみると、以下のように書かれています

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><?xml-stylesheet type="text/xsl" href="sitemap.xsl"?>
    <sitemapindex xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9">


    <sitemap>
    <loc>https://j-xaas.github.io/post-sitemap.xml</loc>
    <lastmod>2020-03-10T13:04:39.446Z</lastmod>
    </sitemap>

    </sitemapindex>
    <!-- XML Sitemap generated by Hexo SEO Friendly Sitemap Generator -->

4. 本番環境へデプロイ

  • WEBページをホスティングしている、サーバ等へsitemap.xmlファイルをおきましょう
  • github pagesを用いている場合は、Gitへpushします

5. Google Search Consoleへ登録

  • 公式サイトへアクセス

    • 未登録であれば、自分のWEBサイトのURLを登録しましょう
  • サイドメニュー内、インデックスのサイトマップを選択

  • 新しいサイトマップの追加
    • 入力欄に”sitemap.xml”を入力
    • 送信
  • しばらく待って更新すると、以下のようにステータスが”成功しました”と表示されます
    • 以上でサイトマップの登録は完了です
      • hexo g の度に更新されるので、事後作業は特にありません
@EventEmitter @Input @Output @ViewChild ACM AMP API Gateway AR AR.js AR.js Studio AWS AWS Amplify AWS Budgets AWS Cost Explorer AWS SDK for JavaScript AddThis Adobe XD Alexa Amazon CloudWatch Amazon Honycode Amazon SNS Android Angular Angular Material AngularFire AppSync Augury C CDN CI/CD Cloud Craft Cloud9 CloudFormation CloudFront CloudTrail Cognito Cost Anomaly Detection Cubase ai Cubasis LE DTM Disqus DynamoDB Elgato HD 60S Firebase Firebase Hosting Former2 Github Github Actions Github.com GithubEnterprise GithubPages Google Chrome Google Cloud Shell GraphQL Hexo Hosting IAM Ionic JSON JavaScript LadioCast Logging LowCode MFA MS Authentication MacBook Pro 16 Mind Node NETDUETTO Netflix Party Netlify Network NoCode Observable PO PdM Promise RPA ReactiveForm Recognition Route53 S3 SAM(Serverless Application Model) SAR SSL SYNCROOM Schematics ScrumInc Serverless Service Siri Sitemap Spark AR Steinberg UR44C Teams Touch Cast Studio Treetable TypeScript UI UI Bakery WAF WAFv2 WEB Page Dev WEB会議 WebAR WebSocketAPI Webhook Windows Power Automate Wireshark aot async/await aws config cloud9 display.land draw.io e2e test filter() forkJoin() google search console hexo-generator-amp iOS iPad Pro iPhone icarus map() mat input mat tree mat-checkbox mat-input mat-selection-list mmhmm ngFor plantUML popIn Aladdin2 then() vscode ”global is not defined” らくがきAR アジャイル アジャイル開発 クロスプラットフォーム ショートカット スクラム スクラム開発 テレワーク ファイル操作 ブラウザ型IDE プロダクトオーナー プロダクトマネージャー プロトタイピング リモートセッション 共同開発 双方向データバインディング 待ち合わせ処理 認定スクラムマスター 静的WEB Hosting 静的WEBサイトHosting
Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×