[無料RPA] Windows Power Automate Desktop インストール~Webの自動操作方法

  • MSが提供開始したRPAツールについてのメモ
  • Windows 10ユーザーは無料で使える
  • Webの簡単な操作程度なら10分で誰でも覚えることができる

インストール

  • 以下の”Download free”からインストーラーをダウンロード
    -Power Automate

  • インストーラーを起動
    Windows Power Automate Installer
    F

  • 次へ

  • 使用条件にチェック/インストール
    Windows Power Automate Installer2

  • 以上でインストールは完了
    Windows Power Automate Installer 3

ブラウザ拡張機能の設定

  • メインブラウザがChromeの場合は以下を入れたほうがいい
    image

  • Microsoft Power Automate

    1
    2
    3
    Power Automate を使用すると、コンピューターの手動のプロセスとタスクを自動化できます。

    拡張機能をインストールすると、Web スクリプト、データ抽出、Web テスト、Web フォームへの入力、API 呼び出しなどが自動化されます。また、Power Automate Desktop の Web レコーダーも有効になります。

セッティング

  • Power Automate Desktopを起動
    Power Automate Desktop

  • メールアドレスを入力/Windowsアカウントを選択
    Power Automate Desktop Setting

  • 国を選択/開始する
    Power Automate Desktop Setting 2

  • 以上でセットアップは完了
    Power Automate Desktop Top

使用方法

フローの作成

  • “新しいフロー”を押下
    Power Automate Desktop Making Flow

  • フロー名を入力して作成を押下
    Power Automate Desktop Making Flow 2

  • 後はアクションや変数を設定してワークフローを作り上げていく

Power Automateのアクション

Power Automate Desktop Action

  • ざっと見た限り他のRPAツールで可能な大抵のことができそうでした
    • AWSなどの他社クラウドの操作まで
    • 無料なので、既存のRPAベンダーは厳しそう

使用例1: Webページの自動起動

  • まずはWebページを自動で起動させてみました
  • アクション/Webオートメーション/Webフォーム入力/新しいChromeを起動する
    • 各パラメータを設定後に保存

Power Automate Desktop Chrome

  • 上の実行ボタンを押すことでchromeが自動起動することを確認できる

使用例2: ボタンの自動押下

  • 以下のアクションを追加する
    • アクション/Webオートメーション/Webフォーム入力/Webページのリンクをクリックします

image

  • UI要素の追加を押下
    • 実際の画面から要素を選択できる
    • 今回はGithubを開いてNew Issueボタンを押すように設定した

Power Automate Desktop Sample Flow

所感

  • 使用例のようにボタンを押させていくだけでも、誰でも大抵のWEBアプリの単純操作を自動化できる

    • Webアプリの簡単な動作テストもできそう(エンジニアであればテストコードを書くべきだが)
  • Microsoftにしては直感的に操作可能

    • 使用例程度のフローであれば、特にドキュメントを見ずに5分もかからず作れました
  • ページ上の要素からのデータ取得や、TeamsやExcel等の他のアプリとの連携、条件分岐なども使っていけば、自由度は高そう

    • スクレイピングは自分でプログラムを書くとなると面倒
  • まずは会社の勤退システム(Webアプリ)の自動入力から初めてみようと思います

関連

@EventEmitter @Input @Output @ViewChild ACM AMP API Gateway AR AR.js AR.js Studio AWS AWS Amplify AWS Budgets AWS Cost Explorer AWS SDK for JavaScript AddThis Adobe XD Alexa Amazon CloudWatch Amazon Honycode Amazon SNS Android Angular Angular Material AngularFire AppSync Augury C CDN CI/CD Cloud Craft Cloud9 CloudFormation CloudFront CloudTrail Cognito Cost Anomaly Detection Cubase ai Cubasis LE DTM Disqus DynamoDB Elgato HD 60S Firebase Firebase Hosting Former2 Github Github Actions Github.com GithubEnterprise GithubPages Google Chrome Google Cloud Shell GraphQL Hexo Hosting IAM Ionic JSON JavaScript LadioCast Logging LowCode MFA MS Authentication MacBook Pro 16 Mind Node NETDUETTO Netflix Party Netlify Network NoCode Observable PO PdM Promise RPA ReactiveForm Recognition Route53 S3 SAM(Serverless Application Model) SAR SSL SYNCROOM Schematics ScrumInc Serverless Service Siri Sitemap Spark AR Steinberg UR44C Teams Touch Cast Studio Treetable TypeScript UI UI Bakery WAF WAFv2 WEB Page Dev WEB会議 WebAR WebSocketAPI Webhook Windows Power Automate Wireshark aot async/await aws config cloud9 display.land draw.io e2e test filter() forkJoin() google search console hexo-generator-amp iOS iPad Pro iPhone icarus map() mat input mat tree mat-checkbox mat-input mat-selection-list mmhmm ngFor plantUML popIn Aladdin2 then() vscode ”global is not defined” らくがきAR アジャイル アジャイル開発 クロスプラットフォーム ショートカット スクラム スクラム開発 テレワーク ファイル操作 ブラウザ型IDE プロダクトオーナー プロダクトマネージャー プロトタイピング リモートセッション 共同開発 双方向データバインディング 待ち合わせ処理 認定スクラムマスター 静的WEB Hosting 静的WEBサイトHosting
Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×