Github.comからGithubEnterpriseへの移行手順

概要

  • リポジトリ移行(Github⇒GHE)の備忘録です
  • 想定する状況
    • Organizationごと中身をまるまる移行したいパターン
    • Commitログ等は特に移行する必要無く、シンプルな手法で手早く終わらせたい
  • 事前調査
    • organization単位の以降はできない
    • リポジトリ単位の移行は可能
    • GHE内に同じ名称のOrganizationやリポジトリを作成可能
      • ★一意性のチェックがGithub側とは隔絶されている

手順

1. GHEでOrganizationを作成

  • Githubと同様の名称で問題無し
    • URLは前半が企業ごとのものに変わる
    • SiteAdmin権限が必要
      • GUIで操作

2. GHEでリポジトリを作成

  • Github.com側と同様の名称で問題無し
    • 空のリポジトリを一通り作成
      • GUIで操作

3. Local端末で移行対象のリポジトリのデータを退避

  • 各リポジトリの中身をデスクトップ等へコピー
  • Gitリポジトリの管理場所:Dドライブから削除
    • この後、GHEから同様の名称のリポジトリをCloneするため
    • Dドライブでlsコマンドを打って削除されたことを確認

4. GHEからLocalへClone

  • 各リポジトリ(空)を端末へClone
    • URLはリポジトリのページの”Clone or download”タブより確認
      1
      git clone <リポジトリのURL>

5. Cloneした空リポジトリに退避データをコピー

  • GHEからCloneした空リポジトリへ、退避場所からコピー

6. GHEのRemoteにデータを登録

  • 各リポジトリで以下の作業を実施する
  • 変更内容を保存
    1
    2
    git add *
    git commit "Repository Migration"
  • Remoteへ送信
    1
    git push

    Github Pagesが含まれている場合

  • _config.ymlに設定する公開URLを変更する必要がある
  • GHEにおけるGithub PagesのURLは以下のようになる
    1
    https://pages.<gheのURL>/<Organization名 or ユーザ名>/<リポジトリ名>.io

7. GHEで確認

  • GHEの問題無くデータが移行できていることを確認

  • Github pagesが含まれていたため、ブラウザで表示されるようにする

  • リポジトリのSettingsより、以下のようにGithub pagesを有効にしてSave

  • GHEにおけるGithub PagesのURLは以下
    1
    https://pages.<gheのURL>/<Organization名 or ユーザ名>/<リポジトリ名>.io

8. Github.comより移行元を削除

  • リポジトリを削除
  • Organizationを削除
    • 管理者権限が必要
@EventEmitter @Input @Output @ViewChild ACM AMP API Gateway AR AR.js AR.js Studio AWS AWS Amplify AWS Budgets AWS Cost Explorer AWS SDK for JavaScript AddThis Adobe XD Alexa Amazon CloudWatch Amazon Honycode Amazon SNS Android Angular Angular Material AngularFire AppSync Augury C CDN CI/CD Cloud Craft Cloud9 CloudFormation CloudFront CloudTrail Cognito Cost Anomaly Detection Cubase ai Cubasis LE DTM Disqus DynamoDB Elgato HD 60S Firebase Firebase Hosting Former2 Github Github Actions Github.com GithubEnterprise GithubPages Google Chrome Google Cloud Shell GraphQL Hexo Hosting IAM Ionic JSON JavaScript LadioCast Logging LowCode MFA MS Authentication MacBook Pro 16 Mind Node NETDUETTO Netflix Party Netlify Network NoCode Observable PO PdM Promise RPA ReactiveForm Recognition Route53 S3 SAM(Serverless Application Model) SAR SSL SYNCROOM Schematics ScrumInc Serverless Service Siri Sitemap Spark AR Steinberg UR44C Teams Touch Cast Studio Treetable TypeScript UI UI Bakery WAF WAFv2 WEB Page Dev WEB会議 WebAR WebSocketAPI Webhook Windows Power Automate Wireshark aot async/await aws config cloud9 display.land draw.io e2e test filter() forkJoin() google search console hexo-generator-amp iOS iPad Pro iPhone icarus map() mat input mat tree mat-checkbox mat-input mat-selection-list mmhmm ngFor plantUML popIn Aladdin2 then() vscode ”global is not defined” らくがきAR アジャイル アジャイル開発 クロスプラットフォーム ショートカット スクラム スクラム開発 テレワーク ファイル操作 ブラウザ型IDE プロダクトオーナー プロダクトマネージャー プロトタイピング リモートセッション 共同開発 双方向データバインディング 待ち合わせ処理 認定スクラムマスター 静的WEB Hosting 静的WEBサイトHosting
Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×