[LadioCast] 仮想ミキサーでMacbook内の音の流れをまとめる

仮想ミキサーで音声の複数の入出力をまとめる手法について。MacBook Pro(2020) MacOS 10.15を利用しています。
配信ライブやリモートセッションに活用すると便利そうでした。

利用するツール

SoundFlower

  • Soundflower
    • システム内部(Mac内部)の音声を読み込むために必要
    • Mac標準のサウンド設定で出力先をSoudflower(2ch)にすることで、他のソフトウェアに音を流すことができる
    • 使用例
      • YoutubeやDAWソフトの音(システム内部の音声)をSoundflowerに送り、ZoomやMeetの様な入力にSoudflowerを選択することで、通信相手にも聞かせる

LadioCast

  • LadioCast
    • 入出力を各4つまで選択可能
    • L, Rも振り分け可能
    • 使用例
      • Soudflower経由のシステム内部の音声と、外部ポートからインターフェイスやコンデンサーマイクで流れてくる音をLadioCastでまとめてから、
        任意のコンテンツに出力
      • Recを行うDAWソフトとライブ配信ツール、返しに同時出力
ladiocast

利用例: 音をまとめて動画配信ツール(Ex. Zoom)に出力する

  • 音の流れ

    sound_stream
  • Ex. Macから出力される音声(youtubeなど)をZOOMにルーティングする方法

      1. Macのサウンド出力をSoundFlower(2ch)にする
      1. LadioCastを起動し、入力1を「SoundFlower(2ch)」、ルーティングを「メイン」と「Aux1」にする
      1. LadioCastの出力メインを「SoundFlower(64ch)」にする ※Zoomのマイク入力になる
      1. Zoomのマイクを「SoundFlower(64ch)」にする
  • これを利用することで、以下の様な応用方法が考えられます

おまけ: 現在のDTM環境

DTM構成
DTM構成②

参考

Loopback

  • Loopback
    • MacOS 10.10.0~10.13で動作
    • 利用中のMacOSは10.15であるため非対応でした

関連記事

[SYNCROOM] リモートセッションのやり方(YAMAHAの遠隔合奏アプリ)

7/21にYAMAHAの新しいリモートセッションサービスが公開されたので試してみました。

SYNCROOM概要

SYNCROOM概要

インストール

SYNCROOM ダウンロード

  • ダウンロード後にインストーラを開く
    • SYNCROOM-JP-mac-1.0.1.dmg
    • SYNCROOM

SYNCROOMインストーラ

  • 指示にしたがってインストールを実行

初期設定

  • 音符マークのアイコンを開くと以下の初期画面が立ち上がります

SYNCROOM初期画面

  • YAMAHA Online Memberへの会員登録が必要
    • 仮登録後に届くメールのURLにアクセス
YAMAHA Online Member登録
  • 以下が表示されれば完了

    YAMA Online 登録完了
  • 改めてアプリに戻り、ログインに進む

  • 設定チュートリアルが開始します

SYNCROOM チュートリアル

SYNCROOM出力の設定

  • 入力設定
    • 複数のチャンネルを使うこともできるようです

SYNCROOM 入力設定

  • ニックネームを設定
    SYNCROOM ニックネームアイコンの設定

以上で設定は完了

使用方法

  1. 機材をセッティング
    • インターフェイスや楽器をPCに繋いでおきます
    • 適当に楽器を弾いて、”インプット”から出力を確認しましょう
      • ここに出てこない場合はインターフェイスのドライバーが入っていないかもしれません

SYNCROOM インプットのチェック

  1. ルームに集まる(↓のどちらか)
    • ルームを作る
    • 他人が作ったルームに入る
      • ルーム名で検索して入る方法と、ルーム一覧から選択する方法があります
SYNCROOM ルーム選択
  • ルーム一覧は以下のようにブラウザに表示されます
    • フリーセッションの部屋もあれば、仲間内でパスワードを設定して集まってる部屋も
    • スタ練より手軽に集まれるので気が楽

SYNCROOM ルーム一覧

  • セッション画面
    • 入室中のメンバーや通信状況を確認できます
  • ”チャット”から参加メンバーと連絡を取れます

    • 前回のNETDUETTOから追加された機能

      SYNCROOM チャット
  • 詳細表示を押すと、各メンバの通信状況や遅延状況を確認できます
  • 顔は見れないのでZoomと併用してセッションするといい感じになりました
    • iPadやMacBookでZoomに入り、popInAladdin(プロジェクター)にミラーリングして写しています
    • 100インチぐらいなので、4人ならほぼ等身大でメンバーが映ります

SYNCROOM_ZOOM

DTM環境

以下のような環境を作っています

DTM構成

DTM構成②

関連記事

[SYNCROOM/NETDUETTO] YAMAHAのリモートセッションツールを試してみた

先日4/6にYAMAHAより新しい遠隔合奏サービス「SYNCROOM」が発表されました。
6月~のリリースに備えて、既に公開中のβ版: NET DUETを使ってみます。(仕様はほぼそのままなので慣れとくといいかも)

YAMAHAの遠隔セッションサービス(SYNCROOM/NETDUETTO)

SYNCROOM

NETDUETTO

  • 上記のβ版で公開中(※2020/04時点)
  • 無料
  • 接続可能な人数
    • 一つのルームに5人まで
    • 2つのルームを繋ぐことで最大10人まで
  • SYNCROOMとの差分
    • 予定されている追加機能
      • メトロノーム機能
      • レコーディング機能
    • ユーザ登録
  • 利用条件
    • デバイス
      • PC (iPad Proでは無理でした)
        • SYNCROOMでタブレットにも対応してくれたら嬉しいですが、当分無理そう
    • OS
      • macOS 10.15 Catalina以降
      • Windows 10(64bit)
    • ネット回線
      • 基本的に光回線前提
        • NURO光等
        • softbank光やDOCOMO光を利用している場合
          • 料金変更無しで追加申請可能な回線強化の手段があるらしい(熟練者談)
      • できれば有線LAN
        • WiFiでもできますが、LANケーブルを刺せるPCがあるとベター
      • WiFi 6なら無線でも大丈夫かも?
        • モバイルの5Gのように、WiFiも最近6世代目になり高速化しました

セッティング

  • ざっくりイメージ

機材

機材が準備できたら、早速PCにNETDUETTOを導入してみましょう

NET DUET導入手順

Download

  • YAMAHAのNETDUETTOラボから自身のPCのbit数に合わせてダウンロード

    • SYNCROOMから64bit対応に限定されるらしいです
  • ダウンロードしたzipファイルを開くとこんな感じ

インストール

  • インストーラーを起動
    • 次へを押していきます
  • インストール先

    1
    C:\Program Files\Yamaha\NETDUETTO2\
  • 以下のようにインストールが始まります

  • 数分でインストールできます

初期設定

  • アイコンを開きます
    • チュートリアル画面が出てきます
  • 次へを押すと、以下の画面がでます
    • ”ASIOに対応したオーディオデバイスが見つかりました”と出ればOK
      • 事前にインターフェイスの準備が必要です
        • 今回はsteinberg ur44cからUSBでPCに接続しています
        • 別記事で解説します
  • 入力の設定
  • 遅延が無いかモニタリングできます
  • バッファサイズの設定
  • コントロールパネルを押すと自分が利用しているインターフェイスに応じたドライバの設定が出てきます
    • ”Input Latency”を見ながら遅延が低くなるよう設定してみました
  • ニックネームとアイコンを設定

  • 以上で完了です

使い方

使い方はシンプルです

  1. 機材をセッティング
    • インターフェイスや楽器をPCに繋いでおきます
    • 適当に楽器を弾いて、”インプット”から出力を確認しましょう
      • ここに出てこない場合はインターフェイスのドライバーが入っていないかもしれません
  1. ルームに集まる(↓のどちらか)
    • ルームを作る
    • 他人が作ったルームに入る
  • ルームは以下のように表示されます

  • セッション画面

  • 詳細表示を押すと、各メンバの通信状況や遅延状況を確認可能です

Twitter連携

  • “Twitter連携”を押すと以下のようにウィンドウが出ます

  • 認証

  • 出てきたPINコードを入力

    • アイコンとユーザ名が出ます

関連記事

PCでDTM環境を構築 [Steinberg UR44C/Cubase ai]

PCでDTM環境を構築するまでを解説します。InterfaceにはSteinberg UR44Cを採用しています。
基本的にモバイル向けのCubasis leをiPadで使用していますが、リモートセッションサービスがPC対応のみであったため、備忘録的にまとめておきます。

構成

1. Interfaceについて

  • PCにラインで音を取り込むにはインターフェイスが必要になります

    Steinberg UR-C

  • Steinberg UR44Cを採用しました

  • 採用ポイント

    • Input×4 & マイクプリアンプx4
      • 複数の楽器とマイクを繋ぎ、人数分のヘッドホンに出力すれば、屋内でサイレントセッションが可能
      • 元々↑をやりたくて買いました
    • 価格
      • 3万円ちょっとで手頃
        • 今回の条件に当てはまる中で最安(他は5万以上)
        • 更にInputを増やしたければ、予算を上げるかミキサーを買うしかないと思います
      • もう少し節約したい場合
        • UR22C (17000円程度)
          • InputとOutputが減りますが基本的にはほぼ同じ機器
    • USB 3.0(USB Type-C)対応
      • PCとiPad Proの両方で読み込めます
    • Cubase le(モバイル用)とcaubase ai(PC用)のコードがついてくる
      • Cubase
        • 音楽制作ソフト
        • 扱いやすく機能が一通り揃っているので初級者におすすめらしい
      • 本来は購入する必要があります(6000円程度)
    • ループバック機能により、動画配信も可能
  • 周辺機器について

マルチエフェクターで代用

  • マルチエフェクターの中にはインターフェイスとしての機能がついているものもあります
    • ZOOMのG3やB3等
  • ポイント
    • CubaseのようなDAWソフトはついてこないので別途購入が必要
    • Inputが少ない
  • なので、以下に当てはまる方はインターフェイスを買った方が良いです
    • 複数の楽器やマイクを繋げたい
    • DAWソフトを利用したい

2. 導入手順

  • PCとSteinberg UR-CでDTM環境を構築する為に必要な作業は以下の三点です
  1. TOOLS for UR-Cのインストール
  2. Basic FX Suiteのアクティベーション
    • ここまででPCで扱うDAWツールは基本使えます
  3. Cubase AI (DAW)のダウンロード

TOOLS for UR-C

  • 公式サイトからから入れます
    • TOOLS for UR44 V2.2.1 - 278 MBを選択
    • zipファイルがインストールされます
  • USBを全部外す
  • zipファイルを開いてsetup.exeを実行

image

  • 指示にしたがって次へを押していけばOK

image

  • 以下が出たら完了

image

インストール後の確認

  • steinbergと付属のUSBで接続

    • 電源はUSBCからではなく、アダプターに設定してください
  • デバイスマネージャーを開く

    • オーディオの入力及び出力にsteinbergが表示されてればOK
    • PCがインターフェイスからの接続を読み込めるようになりました

image

Basic FX Suiteのアクティベーション

  • 先ほど一緒にインストールした上記にアクティベーションコードを入れて、ライセンスを入れる必要があります

  • eLicencer Control Centerを開く

  • アクティベーションコードを入力を選択

  • Steinbergを購入した際の説明書に以下の紙が入っています

    • ESSENTIAL PRODUCT LICENSE INFORMATION
      • ここに書いてあるコードを入力
  • 以下の画面が表示されます

    • ライセンスをダウンロード
      image
  • 以上で完了です

Cubase AIのダウンロード

  • SteinbergのWEBサイトでアカウント登録する必要があります
    • 詳細はサイト内に詳しくまとまっています
  • ダウンロードの際にコードが必要になります
    • steinbergの説明書についている以下の紙に記載されています
      • CUBASIS AI DOWNLOAD INFORMATION

iPad Pro (第4世代)でDTM環境を構築

こんにちは。先日、新しいiPad 2020(第4世代)を購入しました。発売当日に受け取り、即DTM環境を作ってみました(たぶん世界最速)Alexaにより、セッティングも自動化しました。シンプルな構成なので、入門者の方も良かったら参考にしてみてください。
結論から言うと、PC無しでも問題無く宅録できました。

リモートセッションをやろうとするとPCが必要です。その辺りは以下を参考にどうぞ

現在の構成

1. 機材解説

Audio Interface

  • Steinberg USB3.0 UR44Cを採用しました

  • 採用ポイント

    • USB 3.0(USB Type-C)対応
      • タブレットで済ませるにはUSB Cが必要です
    • ジャック×4 & マイクプリアンプx4
      • 複数人の楽器とマイクを繋いで、イヤホンジャック or Bluetoothで出力すれば、サイレントセッションもできます
    • 価格
    • ios版のCubaseが付随
      • Cubase
        • 初級者でも扱いやすい有名な音楽制作ソフトでプロも使っています
        • こういった機能が豊富なDAWソフトは宅録に必須です
      • 無料
        • 本来は購入する必要があります
      • セットアップが楽
        • Apple StoreでinstallしてUSB-Cケーブルで繋げるだけ
        • 実は今回のハードとCubaseは、どちらもSteinburg社が開発しているので相性が良いです
    • ループバック機能により、動画配信も可能

Cubaseのセットアップ手順

  • Cubasis LE2をApp Storeからinstall

  • アプリを起動

Cubasis LE2
  • ”To unlock a Cubasis LE features…”と表示されます
    • 解除方法は以下の二つです
Cubasis Locked
  • USB-Cケーブルで接続(iPadについていた純正品を使いました)
Cubasis接続状態
  • unlock完了
    • 以下のように表示されれば連携完了です
Cubase_unlocked
  • Cubaseを初めてすぐに適当にパッドを使って打ち込んでみました(意外とそれっぽくなって楽しい)

iPad Pro 2020(第4世代)

  • 採用ポイント

    • USB C対応
      • USB C対応のInterfaceに簡単に繋げます
    • メモリが6Gに増強
      • 音源編集にはある程度パワーが欲しい
    • トラックパッド・マウスに対応
      • Bluetoothマウス等でPCライクな作業が可能に
    • 出力方法にBluetoothを選択可能
    • 値下げ
      • iPad Pro第三世代登場時よりもだいぶ安いです
  • コスパ重視の方は11インチにすると少し安いです

Hub

  • 以下のような入出力を実現するために採用してます

    • 入力
      • USB-C
    • 出力
      • HDMI
        • モニター
      • イヤホンジャック
        • 音声確認
      • Bluetooth
        • モニター、プロジェクター、スピーカーとの連携
  • QGeeM USB-C Hub

    • より強めのHubが欲しければこちらもおすすめです(こちらはMacbook用に購入したのですが、iPadにも使えました)

Bluetoothスピーカー&イヤホン&カメラ

  • WF1000XM-3

    • 立って弾く際にコードが引っかかるのが面倒で、結局生音でしかやらない節があったため採用

    • 専用アプリから細かくイコライザーを弄れて楽しい

    • Bluetoothのノイキャンイヤホンの中で最も音質が良い(2020/03 時点)

      • スケールアップ技術で、音質を勝手に上げてくれる

  • SRS-XB32

    • 価格が手頃で低音の出が良い

      • これの一つ上のサイズは音量重視で音がこもり気味(Sonyの店員さん談)
    • 複数個を連携させて、別の音を振れる

      • 自分を囲むように配置して、音に包まれてみたかったので使ってます
    • ジャックもさせます

    • 防水なのでお風呂でも聞ける

WEBカメラ

アンプ

  • Fender信者なので、Fenderのベースアンプを使っています

    • でかくてかっこいいので40Wを購入したものの、近所迷惑になるので音量最低でもライン以外では音出しできないです

全体像

  • モニターに写すとこんな感じ(追記:今はもう少し整理しています)
Cubase_unlocked
  • プロジェクターにミラーリングするとこんな感じ
    • 120インチでかい

Cubasis@popin aladdin

2. AlexaでSettingを自動化

  • せっかくDTM環境を作っても、セッティングの手間でやる気が失せそうなので自動化しました。
    • 機材が増えるほど効果を発揮してくると思います

定型アクション

Alexaに「DTM」と言うと、実行される”定型アクション”を設定します

  • Trigger
    • 音声:「DTM」
  • Action
    • スマート電源タップAをON/OFF
      • Bassアンプを接続
    • スマート電源タップBをON/OFF
      • エフェクターを接続
    • スマートリモコンを起動
      • Monitorのリモコンの電源ボタンを登録
      • プロジェクターの電源をON

解説

  • スマートスピーカー

  • Smart電源タップ

    • 電源のON/OFFで操作する機器であれば基本これでOKです

    • 一通り試したことがありますが、一番コスパがいいのは各穴を制御できるMeross スマート電源タップです

  • Smartリモコン

    • 赤外線リモコンで動くものであれば、Smartリモコンに記憶させて、Alexaから実行できます

    • 大量のリモコンを纏められるのですっきりします

    • 私はNature Remo miniを使っています

      • 人感センサーまでついているので、勝手にON/OFFさせることもできます

3. その他のもろもろ

リモートセッション

モニター部分をプロジェクターに変更

  • iPadはBluetoothによって画面をミラーリングすることもできます。プロジェクターにはPopin Aladdinを使っています
プロジェクターを入れた構成
  • ミラーリングするとこんな感じで、壁一面にCubasisが映ります
    • 120インチあると立って弾きながらでも見えて楽しいです

Cubasis@popin aladdin

AWS Componserの導入

仕事でAWS(クラウドサービス)をよく使っているのですが、去年機械学習用のキーボードが発表され、ずっと気になっています。

  • AWS Composerとは
    • 弾いたメロディに対して、AIがアレンジを加えて作曲
    • 学習済みのモデルが複数用意されている
    • そのままSoundCloudにアップ可能
    • 学習モデルはオリジナルでも作成可能

学習モデルは与える音源によって変化していくらしいです。AIに音楽のルーツを持たせられるのが人間らしくて興味深いです。

まとめ

今回の記事は以上です。タブレットでも音源編集が可能になり、だいぶDTMの敷居が下がったように思います。私も一から調べて今回の構成を作ったので、ここまでは誰でも真似できると思います。是非試してみてください。

関連記事

@EventEmitter @Input @Output @ViewChild ACM AMP API Gateway AR AR.js AR.js Studio AWS AWS Amplify AWS Budgets AWS Cost Explorer AWS SDK for JavaScript AddThis Adobe XD Alexa Amazon CloudWatch Amazon Honycode Amazon SNS Android Angular Angular Material AngularFire AppSync Augury C CDN CI/CD Cloud Craft Cloud9 CloudFormation CloudFront CloudTrail Cognito Cost Anomaly Detection Cubase ai Cubasis LE DTM Disqus DynamoDB Elgato HD 60S Firebase Firebase Hosting Former2 Github Github Actions Github.com GithubEnterprise GithubPages Google Chrome Google Cloud Shell GraphQL Hexo Hosting IAM Ionic JSON JavaScript LadioCast Logging LowCode MFA MS Authentication MacBook Pro 16 Mind Node NETDUETTO Netflix Party Netlify Network NoCode Observable PO PdM Promise RPA ReactiveForm Recognition Route53 S3 SAM(Serverless Application Model) SAR SSL SYNCROOM Schematics ScrumInc Serverless Service Siri Sitemap Spark AR Steinberg UR44C Teams Touch Cast Studio Treetable TypeScript UI UI Bakery WAF WAFv2 WEB Page Dev WEB会議 WebAR WebSocketAPI Webhook Windows Power Automate Wireshark aot async/await aws config cloud9 display.land draw.io e2e test filter() forkJoin() google search console hexo-generator-amp iOS iPad Pro iPhone icarus map() mat input mat tree mat-checkbox mat-input mat-selection-list mmhmm ngFor plantUML popIn Aladdin2 then() vscode ”global is not defined” らくがきAR アジャイル アジャイル開発 クロスプラットフォーム ショートカット スクラム スクラム開発 テレワーク ファイル操作 ブラウザ型IDE プロダクトオーナー プロダクトマネージャー プロトタイピング リモートセッション 共同開発 双方向データバインディング 待ち合わせ処理 認定スクラムマスター 静的WEB Hosting 静的WEBサイトHosting
Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×