MacBookProセットアップまとめ/環境構築

Macbook Proを買って最初にした一通りの作業のメモ

ソフトのインストール

  • Chrome
    • 拡張機能は引き継ぎ
  • VSCode
  • Spactacle
  • Slack
  • Teams
  • Zoom
  • mmhmm
    • WEB会議用
  • DeepL
    • 翻訳アプリ
  • SparkAR
    • ARフィルター開発用
  • MindNode
    • マインドマップの作成用
  • Draw.io
    • 図表の描画よう
  • SYNCROOM
    • リモートセッションツール
  • TOOLS FOR UR44
    • インターフェイス用のソフト

本体設定

キーのリピートを最速化

  • 左上のリンゴマーク/Keyboard
  • KeyRepeat, Delay Until Repeatのバーを一番右に変更
  • タイピングが高速になる

画面分割(Spactacle)

  • Macはそれぞれのアプリのウィンドウの大きさを調整しないと画面に複数のウィンドウを表示して同時に見ることができない
  • 以下からSpectacleをダウンロードして,Applicationsに入れる
  • 以下のショートカットを利用可能になる
    Spactacle 1.2
  • 使用例:Left Half

    • Option + Command + ←
    • Windows Key + ←でやっていたことと同じことが可能になる
  • 自動で使えるように設定

    • Spectacleを開く
    • Launch Spactacle at loginにチェック

環境構築

  • git
    • CLI上でgit –versionを打ったら「Developperツールを利用しますか?」と聞かれ自動でMacが入れてくれた
  • Homebrew
  • Node.js
    • 先にHomebrewrew, Nodebrewを入れる
      • Homebrew
        • Mac用のパッケージマネージャ。ツールのインストールとか諸々を管理してくれる
        • Nodebrewを入れるために使う
        • こちらのコマンドをコピペして実行
      • Nodebrew
        • Node.jsのバージョン管理ツール。複数のバージョンのNode.jsをインストールしたり、切り替え等々が可能
        • 以下を実行するだけ
          1
          brew install nodebrew
      • Node.jsをインストール
        • インストール可能なバージョンを確認
          1
          nodebrew ls-remote
        • インストール
          • 最新版
            1
            nodebrew install-binary latest
          • バージョン指定する場合
            1
            nodebrew install-binary {version}
        • 警告が出てインストールに失敗した場合は以下を先に実行
          1
          mkdir -p ~/.nodebrew/src
      • インストールされたNodeを有効化
        1
        nodebrew use v14.7.0
        • 以下を実行して、Current: v~と表示されればOK
          1
          nodebrew ls
      • Nodeの実行パスを通す
        • bashで使う場合
          1
          echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile
        • zshで使う場合
          • MacOS Catalinaからは標準で起動するターミナルがzsh
            1
            export PATH=$PATH:/Users/hiro/.nodebrew/current/bin
      • 確認
        • 以下を問題なく実行できればOK
          1
          2
          node -v
          npm -v
  • Hexo
    • 以下をHexoディレクトリで実行
      1
      2
      npm install -g hexo
      npm install hexo --save
  • Angular CLI
  • Firebase CLI
  • AWS CLI

VSCode設定

以下は最低でも設定しておくと生産背が上がります

  • codeコマンドでファイルを開けるようにする

    • Shift + Command + pでコマンドパレットを開く
    • shell commandで検索
      • Shell Command: Install ‘code’ command in PATHを選択してInstall
      • 以下が表示されればOK
        1
        Shell command 'code' successfully installed in PATH
  • Command + ` でエディターとCLIを移動可能にする

  • Control + Shift + Tab

    • エディタータブの移動
  • Shift + Option + Command + ↑

    • マルチカーソル入力
  • Control + Shift + G

    • git

参考

@EventEmitter @Input @Output @ViewChild ACM AMP API Gateway AR AR.js AR.js Studio AWS AWS Amplify AWS Budgets AWS Cost Explorer AWS SDK for JavaScript AddThis Adobe XD Alexa Amazon CloudWatch Amazon Honycode Amazon SNS Android Angular Angular Material AngularFire AppSync Augury C CDN CI/CD Cloud Craft Cloud9 CloudFormation CloudFront CloudTrail Cognito Cost Anomaly Detection Cubase ai Cubasis LE DTM Disqus DynamoDB Elgato HD 60S Firebase Firebase Hosting Former2 Github Github Actions Github.com GithubEnterprise GithubPages Google Chrome Google Cloud Shell GraphQL Hexo Hosting IAM Ionic JSON JavaScript LadioCast Logging LowCode MFA MS Authentication MacBook Pro 16 Mind Node NETDUETTO Netflix Party Netlify Network NoCode Observable PO PdM Promise RPA ReactiveForm Recognition Route53 S3 SAM(Serverless Application Model) SAR SSL SYNCROOM Schematics ScrumInc Serverless Service Siri Sitemap Spark AR Steinberg UR44C Teams Touch Cast Studio Treetable TypeScript UI UI Bakery WAF WAFv2 WEB Page Dev WEB会議 WebAR WebSocketAPI Webhook Windows Power Automate Wireshark aot async/await aws config cloud9 display.land draw.io e2e test filter() forkJoin() google search console hexo-generator-amp iOS iPad Pro iPhone icarus map() mat input mat tree mat-checkbox mat-input mat-selection-list mmhmm ngFor plantUML popIn Aladdin2 then() vscode ”global is not defined” らくがきAR アジャイル アジャイル開発 クロスプラットフォーム ショートカット スクラム スクラム開発 テレワーク ファイル操作 ブラウザ型IDE プロダクトオーナー プロダクトマネージャー プロトタイピング リモートセッション 共同開発 双方向データバインディング 待ち合わせ処理 認定スクラムマスター 静的WEB Hosting 静的WEBサイトHosting
Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×